留守中の猫の自動給餌器を比較!丸いタイプや落ちてくるタイプ

留守中の猫の自動給餌器を比較!丸いタイプや落ちてくるタイプ

 

猫を2日以内留守番させる時は壊れてもいいようなものやイタズラされてもいいようなものわざとフローリングなどの上に出しておいていたずらされると困るモダ徹底的に家の中に入れる必要があります。

 

今朝や水は大きな入れ物に入れるか自動給餌器を使って与えると良いでしょう。

 

ペットホテルに預ける時は予約をしてどのような点に注意するのかをメモにしておきます。

 

例えばひっかき癖のある猫はひっかけに注意という風に書いておかないといけませんし、人に来てもらって餌を与えてもらう場合は何をどのくらい与えるか何かあったらどこの病院に連絡すればいいのかということを伝えておく必要があります。

 

野良猫が入ってきて困る場合

猫を飼っている時メス猫だとオス猫が外から入ってくる場合があります。

 

発情期になるとオスが毎日のようにやってきて家の中に入り込む落とします。

 

それがに雌猫でもえさがあるということを知っているとこっそり入ってきて食べ物とって行こうとします。

 

ホームセンターには猫を追い出すための薬などが販売されていますが、効果はいまいちで完全に猫を撃退することは難しいようです。

 

となると対策方法は色々な方法をやってみて一番効果のあるものを選ぶという知恵比べになります。

 

雄猫は自分の匂いをつけておしっこをつけてマーキングをしていきます。

 

その掃除がとても大変です。

 

そしてうんこをしていくどら猫向いて花壇などが荒らされたりして困っている方もいると思います。

 

もしかすると自分の猫を放し飼いにしている場合は人の家に入り込んで迷惑なことをしているかもしれません。

 

ですので、猫を放し飼いにしている場合は自分の被害を嘆くだけではなく自分の猫迷惑をかけているかということを考えていく必要があります。

 

色々な野良猫を追い出す方法塀の上にトゲトゲのある針金をつけておく入り口を塞いでしまう色々な忌避剤を使うコーヒーの出し殻を撒き散らすタバコの浸出液をかけておく故障などをふりかけるただし、自分の猫を放し飼いにしている場合は自分の猫が手に入ってこれなくなることもありますので、その辺りは課金しないといけません。

 

 

猫を放し飼いにする場合の良い口の工夫

留守中の猫の自動給餌器を比較!丸いタイプや落ちてくるタイプ

 

猫放し飼いにする場合は猫が出入りするための入り口を作っておく必要があります。

 

猫が出たいといった時にいちいち飛べる開けたり閉めたりするのは面倒です。

 

ですが、太平に開けて外から猫が入ってくるのも困ります。

 

どうしたらいいでしょうか。

 

まず猫が通る入り口を作ります。

 

泥棒が入らないように大きすぎるアナはやめましょう。

 

襖などをくりぬいて花を作ることも出来ます。

 

しチューしようね加藤諒なタイプのものもあります。

 

トラックといって片方だけに開く扉もあります。

 

猫の部屋を作る時の要注意理由があって猫用の部屋を用意しないといけない場合もあるでしょう。

 

参考サイト
猫の自動給餌器比較はこちら

 

その場合は色々な工夫が考えられます。

 

まず掃除をしやすくて猫を飼いやすいということが必要です。

 

そして人間を住みやすい関東にしておかないといけません。

 

階段などをつけてアスレチックのような小物を作ったりビニールをしておしっこをされても良いようにしたり換気扇をつけて匂いを解除をしたり一番いいのは爪とぎのための木を用意して自由に使わせることです。

 

マンションの最上階などで昼間暑くなりたいられない時はやむを得ずクーラーをつけて外に出ないといけない場合もあると思います。